Skip to content

ビットポイントのメリットとデメリット

ビットポイントは、株式会社ビットポイントジャパンが運営する仮想通貨取引所です。

ビットコイン、イーサリアム、ビットコインキャッシュ、ライトコイン、リップルといった5種類の仮想通貨を取り扱っています。基本的に円取引ですが、ビットコインだけは、米ドル・香港ドル・ユーロの3種類の外貨でも取引が可能となっています。また、ビットポイントには、多くのメリットがあります。

まず、手数料が無料という点です。売買手数料だけでなく、入出金手数料も無料です。そして、住信SBIネット銀行や東京スター銀行、ゆうちょ銀行、ジャパンネット銀行、イオン銀行の5行と提携しており、提携銀行が多いというメリットもあります。さらに、高度なSSL暗号化や不正な外部侵入への防御など、高いセキュリティも大きなメリットです。

他にも、スマホユーザー向けに見やすく使いやすいデザインを提供したり、FX取引では自分で自動売買を設計できるMetaTrader4というFXツールを採用するなど、使いやすさも追求しています。しかし、ビットポイントには、取引が成立しにくいというデメリットもあります。

これは、日本の主要な取引所に比べて利用者が多くなく、取引板に注文が並ぶ数が少ないためですが、希望の相場で取引が成立しないこともあります。また、大手取引所と違い、クレジットカード入金ができないというデメリットもあります。

しかし、クレジットカード入金は通常8%ほどの手数料を取られるので、売買手数料などの手数料が無料という点を考えれば、大きなデメリットではないといえます。

Be First to Comment

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です